商業美術印刷全般と企画からデザインまで、不二オフセットの最新の技術で高品質の印刷物をスピーディにお届けします。

■STYSTEM35SIIL 2階建スタック型構成機とSTYSTEM35SII(写真奥)をライン連結させたトリプレックス機構。

不二オフセットが日本で初めて導入し、デュープレックス機能を有する「スタック型輪転機」をさらに進化させ、並列させた輪転機のラインも加えた「トリプレックス機能」の稼動もスタートしました。 コンピュータ制御により3台の輪転機のラインを連動させる最先端のSYSTEMにより、
B4-20ページ・24ページ、B5-40ページ・48ページなど、 通常の印刷機では不可能な多数ページの印刷物を容易に生産することが可能です。
また、個々の印刷機に「ミシン目入装置」「グルー(糊付)装置」「シート出力」などの機能も設置し、 柔軟性にも優れた機構を備えています。



AI機能(人工知能)を備えた、業界初の上下2階建てスタック型構成輪転機

日々変化し続ける経済環境や市場ニーズの多様化にあわせて、より高速で安定した品質、コストパフォーマンスに優れた製品造りを求められ続けています。
不二オフセットでは、印刷業界でも評価の高いオフセット輪転機「小森SYSTEM35SII」シリーズを1つの工場に3機導入し、そのうちの2台を日本で初めて上下2段に組み合わせた「スタック型構成」として設置しています。
フルオプション仕様のスタック型構成を導入したことにより、シート出しから、多数ページの製品まで柔軟に対応でき、お客様によりコストパフォーマンスに優れた製品をお届けできます。また、印刷物のパターン化登録により設定値を再現できる機能をはじめ、AI(人工知能)による学習機能、段取換え作業を同時並行的に行うパラレル制御機能を搭載しており、時間の短縮と安定した品質の高い製品をご提供できます。

ラインの切り換えにより3台の輪転機を連動させたページものから、
シート出しまで柔軟に対応。

スタック構成された2台の輪転機。印刷する製品によって2台のラインを連結させ、ページものの製品を一度に重ね織り出し、別々の製品を同時に織り出し、またはシート出しするなど、印刷する製品によってラインを切り換えることで、様々な製品に柔軟に対応できます。
上下2機のラインを連結させたデュープレックスに加え、並列機も加えたトリプレックス機能で、多数ページの印刷物を容易に生産することが可能となりました。 従来では印刷行程後に、別々製品を組み合わせページ印刷物を作成していた工程を自動的に処理することが可能なため、スピード・コストの両面において大きなアドバンテージを発揮します。

小森システム35/546SIILスタック型構成機 製品仕様一覧

不二オフセット株式会社

Copryrights(C) 2007〜 FUJI OFFSET CO.,LTD. All Rights Reserved.